1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロスアンゼルス決戦 (Battle of RosAngels)

 前評判でブラックホークダウンを彷彿とさせるとありましたが、ん~、もうちょっとソフト仕立てでプライベートライアンってとこかも。ロスアンゼルス決戦(Battle of LosAngels)を観てきました。ソニーピクチャーズ配給ってことで一定のクオリティが保証されているし、まぁSF映画だし、まぁまぁウケはいいだろうと思っていたんですが。。。席ガラガラですた。(´・ω・`)

BoRA06.jpg

 予告編で印象に残っていたのはLAの青い空、白い雲、そして降りしきる地球外からの物体、カタストロフィの幕開けとしてよい”絵”です。日常のなかに突如介入してきた非日常、いつか本当に起こるのかもと予感させられます。

BoRA03.jpg

 そういう意味ではこの映画の絵は徹底的にリアル、LAに住んだ経験のある人にとっては背筋がゾッとする瞬間もあったのではないでしょうか?(僕には分かりませんが・・・w) ちなみに米国のFPSではゲーム序盤に空から一斉射撃ってのが定番的に好まれるようですが、この映画でも何やら空撮からのアングルが多かったような。。。

BoRA04.jpg

 侵略者は海からやってくる、とか何かのクダリでありそな展開。TV中継でチラッと見える隊列を組んで上陸してくる”何か”、もしこれをTVで見たらすぐに帰省する算段をつけるとか、新幹線の切符を買いに行くとかしましょう。イソガナイト( ゚∀゚ )

BoRA02.jpg

 そしてこの映画の主役は徹底的に”歩兵”、制空権は握られているしタンクの数は少ないしで、歩兵が頑張るしかないんです。というわけでLAの住宅街を舞台にした銃撃戦が始まります。っていうか、実はこの映画、銃撃戦のみって言っても過言じゃないくらい銃火器の音に明け暮れる映画なのです。僕はほぼそうなることは予感していたのですが、横に連れてきた息子(←分かってるんだったら連れてくるなw)や、夫婦で見に来ている人の奥さんのことを思うとちょっと気の毒・・・w

BoRA08.jpg

 でも片や恒星間飛行をする異星人vs歩兵なんですから、局地の戦術的勝利があったとしても戦略的にはもぅ全っ然立ち向かえないわけです。(ネタバレじゃないよね?) この途方に暮れる悲壮感っていうか、もぅムリ!みたいな感じ、結構好きなんですw これぞ歩兵映画の醍醐味っつーか、イチホヘイの俺にどうせーっつーの!みたいな。(だいたいの場合ど~にもならないんだな、これが)

BoRA05.jpg

 劇中には過去に部下をなくした軍曹のトラウマとか新米士官の頑張りとか、それなりのストーリーが散りばめられていますが、僕的には全く必要なし。下手にストーリーに走って半端な映画になって欲しくないんデス。

BoRA07.jpg

 ほぼ2時間中、ババババチュチュンビュ~ン(←異星人の兵器)、チーン(薬莢の落ちる音)、カチャカチャカチャ(我らが歩兵の走る音)、F×CK △OU!□◎▲◇!(我らが歩兵が叫ぶ音)と心地よい戦場サウンドが僕を包み、心地よい時間を過ごすことができました。US歩兵の気概みたいなものも存分に味わえるラストシーンだし、あ~満足満足! (゚∀゚)

こちらもよろしく さいたまのベビーマッサージ、ベビーサイン教室|Smile Baby Boo
スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 映画 感想

(500)days of summer

 2009年のサンダンスで話題となった映画です。冒頭から流れるナレーション、「このお話は所謂”ボーイ・ミーツ・ガール”ではない」と繰り返される、スイート&ビターなラブストーリーでした。こ~いう系のお話見るの久しぶりだったり。。。

500summer02.jpg

<あらすじ>
 グリーティングカードのライター、トムはアシスタントとして同じ会社で新しく働くことになったサマーと同じエレベーターに乗り合わせたとき、彼が聴いていたザ・スミスの音楽について会話が弾み、以後二人の交流が始まる。出会ってから28日目、カラオケパーティーのときにトムはサマーと恋愛についての話をし、彼女が恋人を作らない主義であることを知る。そして、パーティーの帰りがけに、トムはサマーに好意を寄せていることを告白するのだが、サマーは「友達になりましょう」と言うだけなのであった。

500summer03.jpg

 自由奔放なサマー、彼女の「謎」は男子にすれば女心という一生かかっても解けないメビウスの輪です。目が覚めたときに隣で寝ている彼の寝顔を見て思ってしまった、だから結婚するの、なんて言われても納得がいかないのが男の子です。でも男子である僕が何となく予想するに、理屈でなく「あぁ、そう思っちゃったんだったら仕方ないわよネ」って変に納得しちゃうのが女子なんでしょうねぇ。ぐ~たんぬーぼなんか見てると我々男性がいかに彼女たちの感性の海の中でもがいているのかがよく分かります。。。

500summer05.jpg

 運命の出会いを信じていたトム、500日の「夏」を過ぎたあとに季節が変わり「秋」と出会います。そこで彼は運命の出会いを待つのなく、ただ時間の流れの中にいる自分を感じることができるます。自分探し、自分にはもっと相応しい人がどこかにいる、ってみんな思いながら集まって生きてるって、なんか面白い。激しく煌びやかな夏のあとにはゆったりとした秋がくる、この世界はなんて上手くできていることか。
こちらもよろしく さいたまのベビーマッサージ、ベビーサイン教室|Smile Baby Boo

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

tag : 映画 感想

ゆきむしロール (もりもと)

冷凍庫をあけると見慣れぬ箱が...でもそのサイズにピピッと反応!なんとワイフがロールケーキを買って来てくれていたのです。はなまるのおめざで紹介されていたという北海道はもりもとゆきむしロール、我が家では初めてのお取り寄せ系ロールケーキです。

yukimusi01.jpg

さてさてレンジで解凍。。。でなく一応常温に置いて解凍しました。ゆきむしというネーミングはふわふわをイメージして名づけられたとのこと、北海道の新鮮な素材は解凍された今、復活して埼玉の地に花開くか?ん?手に取った感触は結構硬いですね。。。

yukimusi02.jpg

やはり生地はふわふわでなく硬めの部類に入るくらいです。水分をコントロールするのは流石に難しいのでしょうか、少なからずパサパサ感がありました。解凍はちゃんとされているようなのですが、焼き目の辺りは特に硬い。生クリームは硬め、味はたぶん控えめ。



ぐんとの相性度 ★★☆☆☆☆

んー、生地がふわふわという触れ込みとは随分違う印象でした。ベースがそうなると味ではフォロー不可能、ロールケーキでは生地の食感が生命線だと改めて痛感します。初めて食べた冷凍ロール、今まで食べたことがないので上手な解凍の方法があるのかも知れません。何よりやはり北海道その地で冷凍する前のロールを食べてみたいと思いました。北海道、行くか!


にほんブログ村 スイーツブログへ                           ぽちっとよろしく!(-_☆)キラーン →

テーマ : ケーキ
ジャンル : グルメ

tag : オススメ 食べ歩き ロールケーキ スイーツ 感想

狸穴ロール (キャンティ)

麻布の老舗イタリアンレストランキャンティ発、狸穴ロールです。狸穴(まみあな)とはキャンティがレストラン本店を構える土地の地名でアナグマが暮らしていた穴という意味らしいです。(そういえば先日、この狸穴坂をキムタクが全力疾走してましたね...)お店がある土地を名前にしてしまうのはロールケーキの面白い特徴です。地名を冠しても様になる、人情味溢れるあったかスイーツ、それがロールケーキが好きな理由の一つです。

mamiana01.jpg


僕が買った銀座松屋ではハーフサイズのみの販売で900円弱、久しぶりに小さいロールです。焼き目を内側にしたスポンジのうえにはパウダーシュガーが薄くひいてあります。表面を見ると比較的目の粗い生地、好き系のスポンジタイプと伺え期待が膨らみます。手に取った感触もしっかりした弾力があり想像通り。

mamiana02.jpg


思ったとおり密度の濃いみっしりタイプの生地です。厚みが薄くしっかりしているので食べ応えがあります。生クリームは柔らかめで甘味を抑えてあり、どちらかというとパウダーシュガーの甘味も加わってスポンジの味を主張しているように思いました。



総合評価 ★★★★☆☆

印象としては味も密度も濃いロールケーキ、小振りな大きさはそのバランス取りと考えると納得感があります。C3やケルクシューズのロールとほぼ同じベクトル、生地に生クリームを添えて食べるといった風情でバランス取りは秀逸です。流石は創業50年の老舗レストラン、専門のパティスリーに引けをとるどころか懐の深さを感じさせます。すごいな~。

キャンティ 丸ビル店 (ケーキ / 東京、二重橋前、大手町)
★★★★ 4.0



にほんブログ村 スイーツブログへ                           ぽちっとよろしく!(-_☆)キラーン →

テーマ : ケーキ
ジャンル : グルメ

tag : オススメ 食べ歩き ロールケーキ 感想 スイーツ グルメ

グーテ・デ・ロワ (ガトー・フェスタ・ハラダ)

ワイフの大好物、ガトー・フェスタ・ハラダグーテ・デ・ロワです。銀ブラでケーキハンティングの帰りにふと思い出して松屋に寄ってみたところ、なんとお店の前は長蛇の列!その日の買い物では一番手間のかかったお土産なのでした。

gfh01.jpg


よく見るのは2種類、透明袋に2枚入っているプレーンタイプと銀袋に1枚入っているホワイトチョコレートかけタイプです。プレーンはこれが8袋入りで約600円、ホワイトチョコは10袋入りで700円ちょっと。でも店で他のお客さんが買っているのを見てると箱や缶の贈り物が多かったですね。これは送られる側も嬉しいよな~。

gfh02.jpg


50年間の研究を経て奥義を極めたというフランスパンのラスク!(だって、そうやってパンフに書いてあるんだもんw)ホワイトチョコは厚みが2~3ミリもある贅沢なコーティングです。

グーテ・デ・ロワの意味は「王様のおやつ」だそうです。それでもって高崎にある本社工場の名前はシャトー・デュ・ボヌール「幸福の館」。んじゃ、ガトー・フェスタ・ハラダってなんていう意味なんでしょう?ひょっとしてハラダってフランス語?って思ったら、社長さんはやっぱり原田さんでしたねw

にほんブログ村 スイーツブログへ                           ぽちっとよろしく!(-_☆)キラーン →

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

tag : グルメ スイーツ 感想 オススメ

かうんた
ぶろぐ村
にほんブログ村 グルメブログ 埼玉食べ歩きへにほんブログ村 スイーツブログ ケーキへ
プロフィール

ぐん

Author:ぐん
さいたま市在住
りーまん
男子

カテゴリ
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事+コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
タグ

ロールケーキ 食べ歩き スイーツ さいたま グルメ オススメ 感想 映画  音楽 建築 お菓子 コラム ベーグル スカイクロラ 自作 AO ゲーム エウレカセブン 日記 パン トロン ユニコーン ガンダム 夜景 らんらんらんにんぐ 雑記 金沢21世紀美術館 予告編 コンビニ シナモンメルツ 新都心 すらいすってつらいっす カラメル・オ・レ さすらいすらいさー プリン マリービスケット ケーキ ブレイズメス モンブラン ヒカリエ アンジェリーナ 名古屋 探訪 ブルガリ エシレ 銀座 川越 米粉 バタークリーム ロブション マカロン 表参道 ガトーショコラ パンケーキ HDM ひな祭り ソニー バレンタイン プレッツェル メランコリア ラデュレ 中銀カプセルタワービル PV アンティ・アンズ エウレカセブンAO レガシー 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。